「明治三十四年創業以来、お客様の信頼に応えること」

 

小田原屋は、お陰様で創業100年を超え、魚介類と自家製のさつま揚げなどの惣菜を販売しております。

この永きに亘って商売を続けられてきた要因はひとつ。 お客様の信頼に応えることに尽きます。

 

私達は、このようなお客様からの言葉を聞きたくて生業「なりわい」続けています。

「この前買った魚、美味しかったよ」

「学校の給食で出てくる魚美味しい」

「子供の頃からここのさつま揚げを食べていて、つい食べたくなっちゃってね」

「昔、八王子に住んでいた頃にさつま揚げを食べていて、八王子に用があったので買いに来ました」

「普段、魚を食べない孫が、薦められた魚をペロリと食べて、また買ってきてくれと頼まれてね~」

「八王子から引っ越した両親から、いつものさつま揚げを買ってきてと頼まれて」

「久しぶりに帰ってくる息子が、あの店のさつま揚げを食べたいってさー」

「晩ご飯のメニュー困っているから助けて」

 

...あの店、いつもの店になりたいんです。

三代目店主、魚屋歴40年以上のベテラン板長、四代目となるであろう若旦那、職人さん、配達員さん、全員で皆様とお話することを心よりお待ちしております。

主に築地から旬な魚介類を仕入れ、それぞれ素材に適した食べ方をアドバイスさせて頂きます。

特に、初めての方はお店に入り難いとは思いますが、お気軽にお声をかけて下さい。